≪男性用スキンケア≫ 脂(アブラ)を落としてスッキリ顔になる

男性の顔の脂落としのためのスキンケアのポイント解説!男性にもできる毎日のシンプルなスキンケアについてお届けします。これだけでも肌が変わるのを実感できます。

男性の肌の悩みは多すぎる顔の脂(アブラ)が一番! 脂に悩む男性用スキンケア情報

脂(あぶら)で肌がベタつく…

男の人はもともと皮脂分泌が活発なこと、そして男性にはスキンケアの習慣があまりないので、多すぎる肌の脂の悩みは男性ならだれもが持っているのではないでしょうか。
顔の脂を落としてスッキリ顔になる男性用スキンケア
皮脂分泌が活発な男性が何もスキンケアをしていなければ顔が脂でベタつくのはあたりまえ、なんです。

脂をとってスッキリさわやか顔になりたいですよね。そのためには男性もスキンケアが必要です!

脂に悩む男性のための男性用スキンケア基本情報をお届けします。日々のシンプルケアだけでも肌が変わってくるのが実感できることでしょう。

スポンサードリンク

男性もスキンケアが大切なわけ

     

顔の多すぎる脂には、スキンケアをしていない男性が悩むのはもちろん、スキンケアに気をつけている男性でも日々悩まされているのではないでしょうか。

男性の肌の悩みの中で「脂(アブラ)の悩み」が一番とのこと。

皮脂分泌が盛んな肌は、脂性肌、あるいはオイリースキンとよばれ、皮脂分泌は男性ホルモンの働きによるものなので、男の人はどうしても皮脂分泌が過剰になりがちです。

でも顔の脂が多すぎるとテカリ顔とか、脂ぎった顔とかいわれて、一般的にあまりよい印象はありません。

このように脂の浮いた顔は見ため的にもいまいちなだけでなく、脂のために空気中のゴミが付着しやすくしっかりと汚れ落としをしないと、毛穴を詰まらせたりして他の肌トラブルに悩むようになったりすることがあります。

さらに酸化した脂が発する臭いが加齢臭の原因のひとつになっているとあっては、男性であってもスキンケアはおそろかにできません。

日々のちょっとしたスキンケアをするだけでも肌は変わってきます。今まで何もしていなかった男性は基本のスキンケアから始めましょう。

ラベル: ,

男性用スキンケアにもクレンジングは大切

     

クレンジングは主に女性がお化粧を落とすときに使うスキンケア用化粧品です。お化粧をしない男性にどうしてクレンジングをするスキンケアが必要なのかというと、クレンジングは脂を浮かせる働きがあるので、石鹸で落としきれない脂をきれいにすることができるからです。

皮脂対策スキンケアの第一歩は顔の余分な脂を落とすことです。石鹸は肌表面の汚れを落とすことはできますが、毛穴に入りこんだ汚れまではなかなか落とせません。

クレンジングには液体(オイル)タイプとクリームタイプがあります。また、拭き取りタイプと洗い流せるタイプがあります。洗い流せるものの方が男性には楽でよいと思います。

クレンジング用化粧品ではなく、ベピーオイルやバージンオイル(オリーブ油)を使っても大丈夫です。

クレンジングを適量とり、おでこと鼻を中心に小さな円をかくように軽く指先でマッサージする感じでクレンジングをなじませていきます。拭き取りタイプはティッシュなどでふき取ってから洗顔をします。洗い流すタイプはよく洗い流してから洗顔をしてください。

クレンジングは入浴中にやると毛穴が開くので汚れも落ちやすくなりますのでおすすめです。このとき手や肌に水分がついているとクレンジングの効果が落ちますので、手や顔の水分を拭いてから行ってください。

ラベル: , , ,

男性脂性肌のスキンケアは洗顔方法を見直しましょう

     

顔の脂(皮脂)を落とすには顔を洗うのが一番と思っていませんか? 男性が日々しているのスキンケアというと髭剃りと洗顔だけになっていることが少なくないでしょう。

洗顔は大切なスキンケアですが、過度の洗顔は頬やあごなど皮脂分泌が少ない部分の乾燥をまねき肌荒れをおこす原因になります。

また、水やお湯でジャブジャブするだけの洗顔ではダメです。顔の中でおでこや鼻の部分はTゾーンとよばれ皮脂分泌が過剰なところですが、水やお湯だけでは脂汚れが落ちません。

ただ顔を洗うだけから、皮脂ケアを考えた男のスキンケアでお肌のお手入れをしましょう。

洗顔用石鹸にはいろいろありますから、いろいろな石鹸で洗い比べてみて、汚れをしっかり落としているかをチェックしてみてください。正しい洗顔で汚れ落としをちゃんとやると洗顔前に比べると顔が明るく見えます。試供品をもらって試してみるのがいいかと思います。

まずぬるま湯で数回顔をあらって肌を温め汚れを浮き出させます。洗顔前にクレンジングをしている場合もお湯だけで数回洗って水分を肌に与えてから洗顔してください。

洗い方も大切です。顔全体を同じように洗ってはダメです。掌でゴシゴシこするのではなく、脂落としの洗顔は顔の中で特に皮脂分泌が盛んなのがおでこと鼻なのでおでこと鼻を念入りにあらいます。

中でも鼻が一番皮脂分泌が多く、鼻の毛穴はスキンケアをしていないと大きく開いてしまいがちで、汚れもたまりやすくなっています。鼻は指先を細かく動かしてやさしく洗って下さい。

最後はぬるま湯でしっかりと泡を落とします。すすぎが足りないと石鹸カスが肌に残って肌荒れをおこす原因になります。仕上げは水で十分にあらって毛穴を引き締めてください。

ラベル: , , ,

保湿を忘れると脂ぎった顔になりやすいのです

     

洗顔をしっかりやっても、やがて皮脂が分泌されてきます。洗顔後に肌の保湿スキンケアを忘れてしまうと皮脂で肌のべたつきをおこします。

スキンケアの習慣のない男性には化粧水(保湿ローション)をつけることには抵抗があるかもしれませんが、化粧水(保湿ローション)は脂に悩む男の人には必要です。

使ってみると洗いっぱなしの顔と比べて肌の違いがよくわかるとおもいます。

男の人の肌は脂分は多いのに、水分量が少ないというのが特徴です。スキンケアをしていない肌、無防備な肌からは水分が奪われやすいんですね。エアコンなどで乾燥した室内に長時間いるとかなり肌の水分を奪われます。

水分はないのに脂だけは分泌されるという肌になってしまうと、男性特有の脂でベタベタの肌になりやすく、また、毛穴に脂がつまりやすくなってしまいます。

洗顔後は肌の水分量を守るためのスキンケアが必要です。お肌に充分な水分があるとべたつき感が違ってくるんです。

化粧水(保湿用ローション)も石鹸と同様にいろいろ試して使用感を実感するのが一番です。たかがローションといえど、メーカーによってかなり違いがありますので。使う前と使ってみた後の肌の違いを比べてください。

男性に必要なのはまず日々の汚れ落としのスキンケア、そして保湿のスキンケアです。これが脂ぎった顔から脱出する第一ステップです。

もちろんこれだけですべてが解決されるものではありませんが、やるのとやらないのでは肌の状態に違いがでてきます。自分が気持よい、そして他人に不快感を与えないためにもスキンケアは基本から、そして毎日続けることがポイントです。

ラベル: , , , ,

男性も週に1回は脂とりパックでスキンケア

     

男性にとってパックはあまりなじみがないかもしれませんね。パックを塗りたくった顔は不気味に思えるかも知れませんが、脂が気になる男性のスキンケアにパックはおすすめです。

でもパックを買うのに抵抗がある男性もいらっしゃることでしょう。そんな方は家にあるもので作るお手軽な脂取りパックをしてみましょう。パックした後の肌の状態にびっくりするはずですよ。男だってスキンケアが必要だと、スキンケアの大切さを実感することうけあいです。

ご紹介する簡単脂取りパックは最初は週1回くらいから、多くても週2回までにしておいてください。パックの作り方は簡単です。1回分大さじ5杯程度の小麦粉、緑茶パウダー大さじ1杯弱を混ぜます。熱湯を入れて(マヨネーズ程度の固さになる程度)よくまぜます。

熱湯を使うのがポイントです。このパックはお茶に含まれるカテキンの効果を利用するものです。カテキンは90度以上で抽出すると効果を最大限に発揮します。

夜の洗顔後にむしタオル(タオルをぬらしてラップでくるみレンジで20秒程度温める)でよく顔をあたためてから、ひと肌程度にさめた緑茶のパックを顔全体(目の周り口の周りはさける)にぬり、乾くまでまちます。厚くぬるとなかなかかわきませんが、乾かなくても最初は5分程度でやめる。長くても15分くらいです。

時間がたったら、緑茶のパックを洗い流します。乾いた緑茶のパックはとれにくくなっていますが、ゴシゴシこすらないようにしてください。

緑茶に含まれるカテキンが脂を取り除いたり、傷ついた肌の修復を助けたり、肌をひきしめたりする効果がありますので、さっぱりした感じがすることでしょう。男性はあまりシミを気にしない人が多いようですが、美白効果もあります。続けていくことで効果を実感できると思います。

パックのあとは化粧水(保湿ローション)で肌に充分な水分補給をしてください。

ラベル: , ,

スポンサードリンク

当サイトの情報のご利用については自己責任にてお願いいたします。肌質は千差万別です。当サイトの情報はすべての男性の脂の悩み解消を保障するものではありません。